browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

FXの高レバレッジ・売買高の多さの相対的魅力

FXの最大の特徴は簡単に所持金以上の取引ができることです。
しかも、好きなときに売買できます。
いわゆる高レバレッジ商品で、所持金の何十倍、何百倍もの取引が可能です。
他の金融商品でも高レバレッジが可能なものがあります。
信用取引・オプション取引・先物取引等です。
しかし、取引対象の価格が大幅に変化し中には価値がゼロになるものあり、危険性は高いと言えるでしょう。
株式では、不祥事を起こし管理ポストに入った後、市場から消えることもあります。
一方為替はゼロになることはほぼ考えられません。
だからこそ、FXでは高レバレッジで取引が可能なのです。
取引量の多さも、他の金融商品と比べると有利に働きます。
為替でもマイナー通過では売買が中々できないことがありますが、しかし株式や商品取引に比べると格段にあります。
資産運用をしていると突然現金化しなければならないことがあります。
レバレッジを効かせて運用させているので含み損を抱えると、他の金融商品を現金化して一時しのぎをする事が多いのです。
この時に、取引量が少ないと不利な条件で売買する羽目になるのです。
不動産投資となると、レバレッジによる差は顕著になります。
アパートを買って不動産投資を始めようとして「300万円あるから3000万円融資して」と銀行にお願いしても融資が降りません。
しかも融資をえられるためには信用調査が入り、連帯保証人も数人付けられ、利息を払い続けなければなりません。
不動産取引量は少ないものです。
しかも急げばかなりの損失を覚悟しなければなりません。
これほど、FXは他の金融商品と比較すると恵まれているのです。