FXで勝つには鉄則を守る

FXを始め投資には100%勝利はありません。
何が起こるかは誰も予測できないからです。
しかしながら負けない事を考えると自ずと利益が出せて、結果としては勝つことが出来るのではないでしょうか。
FXではなんと言っても損切りを必ず入れておくことが必要です。
負ける方の多くは頭では分かっていても損失を出したくないために、損切りを入れずに放置しておきます。
もちろん相場が思惑通りに向かったときには勝てますが、逆の場合にはいつになっても利益を出すことが出来ません。
そればかりか塩漬けになってしまうので、他通貨ペアでチャンスが到来しても参加することが出来ないのです。
損切りはあらゆるマニュアル本や、ネット上の講座などでも必要性が指摘されています。
少ない損失には目をつむり想定通りに相場が動いたときに、大きく儲けを出すようなトレードをすれば結果として勝つことが出来るはずです。
さらにレバレッジのかけ方にも注意が必要です。
多くても10倍程度に留めておいた方が良いでしょう。
その分証拠金は高くなりますが安心です。
どんどんトレードをしたいからとレバレッジをかけすぎると、1年の内に必ず何回かは生じる暴落時にロスカットされてしまいます。
したがって損切りを必ず入れてレバレッジは低くしておくことが、勝利への第一歩と言えます。
これらは鉄則中の鉄則なのですがなかなか出来ない方が多いのです。
勝つためには鉄則に充実になることが大事なのです。
是非鉄則を守りながらFXを楽しんで儲けを出しましょう。

Categories: 成功の秘訣 |