browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

FXの必要経費をチェックしよう!

FXで利益を得た場合にかかる税金ですが、2011年12月31日までは雑所得として総合課税の対象でしたので、雑所得が2011年1月31日から12月31日の1年間で20万円を超えた場合には、確定申告をする必要がありました。
その際には、必要経費を計上することが認められるので、FXを取引するにあたり、セミナーに出席したり、書籍を買うなどの費用が生じた場合は、領収書と費用明細を添付して、利益から費用を控除し、所得を圧縮することが可能でした。
ちょっとした税金対策というところですが、必要経費を控除するかどうかは、税金の計算の上で、意外に大きいですよ。
20万円以下になって、申告不要になるケースもあり得ますので。
2012年1月1日の取引からは、雑所得ではありますが、先物取引に係る雑所得等として、課税方法が申告分離課税となり、税率は一律20%(所得税15%、住民税5%)となりました。
申告の際は、「先物取引に係る雑所得等の金額の計算明細書」という書類を付けて提出しなければなりませんが、取引に関わる手数料や、取得費、その他の経費として書籍代やセミナー代、インターネット取引や電話取引による通信費などを必要経費等として計上できるので、明細の保存や、費用の記録をつけておくことが、税金対策として有効になります。
また、日経225miniなどの先物取引やオプション取引との損益通算が可能なので、もし、先物取引等を行っていて、損失が出た場合は、忘れずに通算しましょう。
損益通算を行う分、FXで得た利益が減少し、課税額が少なくなります。