browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

税金対策としてFXを開業する。

FXの場合、必要経費をあまり認められないことが多く、税金対策といっても、かなり限られた方法しか思い浮かびません。
年間20万円以下の利益なら、申告する必要がないので、税金も支払う必要がありません。
また、収入のない人や専業主婦なら、年間38万円以下までなら、基礎控除を受けることができるので、こちらも申告する必要がありません。
申告が必要になり、税金対策が必要になってくるのは、収入があって年間20万円以上の利益がある人、または収入がない人や専業主婦で年間38円以上の利益がある人です。
年間の利益が50万円以下なら、経費を差し引くことで、申告が不要になる場合もあります。
収入というのは、利益から経費を引いたものなので、利益から経費を引くと、申告が不要になる金額になるのなら、申告する必要はありません。
もっとも、ちゃんと経費だと証明できるように、記録を取っておく必要はあります。
また、年間の利益が80万円以上なら、個人事業主として開業することで、かなりの金額を節税することができます。
それは、個人事業主の場合、経費が認められ安くなることと、届け出することで白色申告や青色申告を利用することができます。
白色申告の場合は10万円、青色申告の場合は最大65万円の控除を受けることができます。
控除を受けた金額は無税になるので、FXの税金対策としては、個人事業主として開業するということは、かなり効果のある税金対策といえそうです。